ハンドシェイク

​全ての人に“報酬”と“学習”の機会を

​家庭教師FORTUNEについて

 家庭教師FORTUNEは

『家庭教師がいらなくなる家庭教師』『全ての人に学習と報酬の機会を』

​をスローガンに、三重大学生によって立ち上げられたサービスです。現在は一般社団法人医食同源みえ 家庭教師FORTUNEとして運営しております。

 家庭教師サービスはもちろんのこと、​家庭教師FORTUNEの収益は障害者や生活困窮層などの社会的に弱い立場の子供たちの教育に還元されます。

​代表ご挨拶

DSC08050.jpg

​三重大学医学部 小野可鈴

 家庭教師FORTUNE代表の小野と申します。

​ 私たちは『全ての人に学習と報酬の機会を』​をスローガンとして日々活動しています。

  “全ての人に学習の機会を”というのはつまり、次世代を担う子供たちに教育を提供するということです。​子供たちには勉強ができる層、勉強が苦手な層、勉強したくてもできない層(障害者や生活困窮層などの社会的に立場の弱い層)の3つの層が存在します。私たちはその全ての層にアプローチをします。

  勉強ができる層には難関を突破してきた大学生の受験ノウハウや勉強法でさらなる高みを目指してもらいます。勉強が苦手な層には一対一の個別指導で、生徒様一人ひとりに最適な勉強法を見つけ、「本物の学習力」を身につけてもらいます。また、家庭教師FORTUNEの収益の一部は、勉強がしたくてもできない層に対して勉強の機会を与える活動に充てられます。

 

  “全ての人に報酬の機会を”というのは、コロナ渦で収入が減った学生に対して少しでも多く給料を払いたいという思いから掲げている理念です。

 

 将来地域を支えていく私達学生が、教育を通して優秀な人材育成を行い、地域へ最大限の貢献をしていきます。

家庭教師FORTUNE ​ 代表 小野可鈴

 

​家庭教師FORTUNEの活動

  • Instagram
  • Facebook
  • Twitter